忍者ブログ

コトのはじっこ。

のんびり地味に、まったりと短歌を詠むブログ。

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

投稿された沢山の作品の中で、特に好きな作品に勝手に感想を書いています。作者のみなさまへのご挨拶は、トラックバックという形で失礼します。

鑑賞というよりは、好きなものを自分の宝箱に入れていく感じです。順番は投稿されたのが早い順です。

愛を叫んだり、独断と偏見で想像したりしています。そんなつもりじゃないのに!という解釈も沢山あると思いますが、鑑賞しているのが偏ったヤツなので仕方ないなと許してやって下さい。

続きからどうぞ。

3回に渡りました助の鑑賞も、これで最後です。
まだあんまり本調子じゃないけど、ガッツリ全力出しました。
……*……*……*……*……*……


溺れても助けを呼べぬ恋の咎ペディキュアなおす指が震える(萩 はるかさん

「恋に溺れる」と言えば、恋に夢中になってしまうこと。そんなに悪い意味ではないものです。しかしこの歌では溺れることも深刻で、しかも助けすら呼べない。読者の連想を上手く使って、恋の咎を際立たせる言葉遣いに惚れ惚れです。

部屋で1人、女性が体育座りで小さくなって、足先をじぃっと見ている。「ペティキュア」と言われただけで、こんなにこの歌にピッタリな雰囲気ある光景が浮かびます。アイテムのセレクトが凄い。

そして「ペティキュアを塗る」でも「直す」でもなく、「なおす」なのがとってもいい!剥がれて欠けてしまったのは、ペティキュアだけではないのだと、心に静かに迫ってきます。

そして「指が震える」です。
一首が綺麗に締まりますよね。
もちろん、主人公の心は色々と乱れていて、それが指に出てしまったのでしょうが、味気ない話をすると指って「動いちゃだめ」と思うほど動くもので、別にペティキュア直してたら恋してようが失恋してようが震えるものだと思うのですが、もうそんなことどうでもいいじゃん!ってくらい。いや、むしろ、そういう不随運動(なのかな?)を心理描写にしているというのが素敵。不随運動なのか、主人公の心の乱れなのか、両方なのか。不随運動のように自然と、主人公の心の乱れが出てきたのか。

歌の始まりから終わりまで、順に感想を述べましたが、そうさせてしまうくらい綺麗でまとまった構図。恋の咎を印象づけておいて、その主人公を提示するという見せ方が特に素晴らしいと思いました。

このままだと後200字は書きそうだから、この辺で。



補助輪を外してすぐの危うさに憧れ抱く少年だった(新田瑛さん

もしかして、2通りの読み方があるのではないかな?と思ったのです。少年が憧れを抱いたのか、私が憧れを抱いたのが少年だったのか。私は後者だったのですが、皆さんはいかがでしたか?

この前者か後者か、には「分数で割る時に、分母と分子をひっくり返すというのを、素直に受け止められるか否か」みたいなものがあると思ったりしたり。

私の日本語能力が足りないだけで、「いや、前者にしか読めないよ」というのが普通なのかもしれませんが、とりあえず、この鑑賞は後者のスタンスで突き進んで参ります。いつになく暴走した感想になっているかもしれませんが、ご容赦下さい。


「補助輪を外してすぐの危うさ」って、なんだかよく分からないけど、なんだかよく分かります。そしてそれに対する憧れも。001:笑の鑑賞でも書きましたが、そういう「ああこんな感じ」が表現されていて、言葉を得ることができた気持ちがとても喜んでいる。そういう気持ちよさを与えてくれる作品。私が新田さんの作品に上手く感想を書けないのは、きっと気持ちよさに心がポーっとしているからだと思います。

「補助輪を外してすぐの危うさ」「憧れ」「少年」と、キラキラ輝く眩しい言葉が、私が遠い過去に置いてきたもの(あるいは、経験できなかったもの)への懐古をかき立てます。そして「だった」で、「ああ過去なのだ。この作品の中でも、同じく過去なのだ」と、私の心に湧いた感情が、どことなく慰められた感じがします。過去に負った小さな小さな傷を、やさしく思い出させ、チクリとした痛みを愛おしむ気持ちを教えてくれるような。痛みを思い出させるのだけど、それが苦痛にならないというか。

ああ上手く言えない!でも好きだ!キラキラしてる!癒される!

……最初からこの1行だけでよかったんじゃない?とか言わないで下さい。

拍手

PR

御礼

ご感想ありがとうございます。ゆらさんをはじめ、自分の歌に付いたコメントはありがたく読ませてもらっていますが、これほどのことばをいただき感謝感激です。これからもどうぞ一読ください。
by 新田瑛 URL 2009/03/12(Thu)19:01:25 編集

コメントありがとうございます。

新田さんの即レスに感動してしまいました。ありがとうございます。
毎度毎度、愛が暴走して大変なことになってしまいますが、喜んでいただけたなら幸いです。

これからも応援しております。
また暴走ラブコールを送りつけるかもしれませんが、笑って許してやって下さい。コメントありがとうございました!
2009/03/12 19:40
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

プロフィール

HN:
ゆら
性別:
女性
職業:
大学生(のつもり)
自己紹介:
のんびりしたり、昼寝したり、紅茶とか珈琲飲んだり、犬、猫、本が好きです。

最近短歌から離れていたので、感覚を取り戻すべく足掻いてます。

本家はin vitroです。twitterは@tatutahimeが憂鬱日常、@TANKAmoreで年に数回イベントやってます。

アバウト

誤字脱字他の、ご指摘について。
ご指摘大歓迎です。誤字・脱字・誤変換・リンク切れ・言葉の誤用、その他色々お気軽にご指摘下さい。とても助かります。

転載について。
「この部分はゆらが書いたよ」って皆が分かるようにして下さるならご自由に。ただし、良識の範囲内で。ここにリンクして下さると嬉しいです。事後報告があるともっと幸せ。

リンクについて。
リンクフリーです(ただし、何か恐いサイトは除きます)。貼るも剥がすもご自由に。報告があると嬉しいです。どのページにリンクしてもok。やりやすいようにして下さい。バナーは無いです。

ほん。

最新コメント

[05/30 月下燕]
[04/30 ぴりか]
[04/29 梅田啓子]
[04/26 月下燕]
[04/13 秋月あまね]

ブログ内検索

P R

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- コトのはじっこ。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]