忍者ブログ

コトのはじっこ。

のんびり地味に、まったりと短歌を詠むブログ。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

投稿された沢山の作品の中で、特に好きな作品に勝手に感想を書いています。作者のみなさまへのご挨拶は、トラックバックという形で失礼します。

鑑賞というよりは、好きなものを自分の宝箱に入れていく感じです。順番は投稿されたのが早い順です。

愛を叫んだり、独断と偏見で想像したりしています。そんなつもりじゃないのに!という解釈も沢山あると思いますが、鑑賞しているのが偏ったヤツなので仕方ないなと許してやって下さい。基本的に、感情的に語ってます。

続きからどうぞ。

今回の分は、いつにも増して感情的に語ってます。
愛のあまり意味不明なところも沢山ありますが、許してやって下さい。
……*……*……*……*……*……



俺はもうそう決めたのだじりじりと位置をかえゆくひだまりのなかで(空色ぴりかさん

何を決心したのか言わないところがストライク。
決心の内容を説明されなくても、歌の雰囲気からその重大性を想像できていいです。想像することでリアルに感じられるというのは置いておいて、想像させられることでこの歌の迫力が増しているような気がします。

ひだまりが時間とともに位置を変えるという点に注目したのは、個人的にはそう来たか!ってくらい新鮮でした。「じりじりと」っていいですね。時間の経過を、主人公がどう感じたのかが伝わってきます。しかも「じりじり」という音に迫力があって、決心の際の心情を物語っているように思います。この「じりじりと」がこの場所にあるのは素晴らしいと思います。

余談ですが「もうそう決めたのだ」って言い方が、ちょっぴり躊躇いや不安があるような感じで、なんだか情けなくって好きです。そういえば、なんだか漢字が少ないのも頼りないような気がしてきたり。主人公は、宣言で決心を固めているのでしょうか。こういう人って支えたくなりますよね。


ひだまりに夫と肉まん食みてをり ずつと死なないやうな気がする(梅田啓子さん

永遠って、こんな形なんでしょうね。
大仰に「永遠の愛」なんて言わなくても、夫婦で肉まんを食べるという何気ない風景が、こんなに美しく思えます。梅田さんの表現力に圧倒されました。歴史的仮名遣いや古語がいいですね。

「ずつと死なないような気がする」というフレーズが、体感したことがあるような気がするくらい理解できる。なんだか分かる、じゃなくて、「体感したことがある」って思えるのが凄くいい。感情移入というけれど、これは感覚移入という感じ。まるで自分が主人公になって、あたたかいひだまりにいるような、幸せな気持ちになれる歌です。



アパートに帰ってみるとテーブルに見覚えのないひだまりがある(新田瑛さん

逆に、見覚えのあるひだまりって何なのでしょう。
というか、ひだまりって見覚えられるものなのですか?
思い返してみれば、教室の窓際には、いつも同じようなひだまりがあって、いつも同じメンバーがいたような……。

ひだまりを見覚えられる主人公の感性が素敵です。言われてみるまで気付かなかった。何か、大切なことを教えていただけた気がします。

「テーブルに」なんて、置いてあるもの以外は背景になるはずなのに、ひだまりを主人公はちゃんと見つけたんですね。いや、ひだまりもテーブルに置かれていたものの1つと考えても素敵ですね。誰がひだまりを用意したのかは分かりませんが、主人公はちゃんと見つけたんです。

「帰ってみると」から推測すると、きっと部屋に入ってすぐに気付いたんでしょうね。帰ったらひだまり。癒されます。かわいい。

なんだか意味不明なこと書き散らしてしまいましたが、この、ちょっぴり不思議で、素朴で素敵な世界観がたまらなく好きなんです。

拍手

PR

無題

ゆら さま

歌を取り上げてくださいまして、ありがとうございます。
とてもうれしいです。
ゆらさんのおやさしい鑑賞を読み、「わたしにもこんなところがあったんだ」と
あらためて思いました。
鑑賞をしていただくことで、自分や自分の歌が見えてくることがあるのですね。

「感覚移入」という言葉はすてきですね。
ゆらさんに使っていただき、わたしの方こそ幸せな気持ちになれました。

ゆらさんへのコメントは、なんだかひらがなを使いたくなります。
ほんとうにありがとうございました。
by 梅田啓子 URL 2009/04/29(Wed)11:20:21 編集

コメントありがとうございます

お返事が遅れてしまって申し訳ございません。
コメントありがとうございます。
もったいないお言葉ばかりで照れてしまいました。

梅田さんの作品は、一朝一夕では詠めないような厚みがあって好きです。
これからも、素敵な歌を読んでくださいね。
2009/05/06 16:12

ありがとうございます!

個人的に,梅田さんのコメにつづいてってことにちょい照れながら書きます。「俺」って本当にチキンなやつです。でもそこがまたオンナの気をひいちゃうのかしら。ふむふむ。
by ぴりか 2009/04/30(Thu)13:59:35 編集

コメントありがとうございます

梅田さん素敵ですからね、照れてしまうのも仕方ないことです(笑)
チキンだけど頑張ってるって可愛いじゃないですか。
私だけでしょうかね。あんまり参考になさらないで下さい。

お返事が遅れてしまって申し訳ございませんでした。
コメントありがとうございました!
2009/05/06 16:15
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

プロフィール

HN:
ゆら
性別:
女性
職業:
大学生(のつもり)
自己紹介:
のんびりしたり、昼寝したり、紅茶とか珈琲飲んだり、犬、猫、本が好きです。

最近短歌から離れていたので、感覚を取り戻すべく足掻いてます。

本家はin vitroです。twitterは@tatutahimeが憂鬱日常、@TANKAmoreで年に数回イベントやってます。

アバウト

誤字脱字他の、ご指摘について。
ご指摘大歓迎です。誤字・脱字・誤変換・リンク切れ・言葉の誤用、その他色々お気軽にご指摘下さい。とても助かります。

転載について。
「この部分はゆらが書いたよ」って皆が分かるようにして下さるならご自由に。ただし、良識の範囲内で。ここにリンクして下さると嬉しいです。事後報告があるともっと幸せ。

リンクについて。
リンクフリーです(ただし、何か恐いサイトは除きます)。貼るも剥がすもご自由に。報告があると嬉しいです。どのページにリンクしてもok。やりやすいようにして下さい。バナーは無いです。

ほん。

最新コメント

[05/30 月下燕]
[04/30 ぴりか]
[04/29 梅田啓子]
[04/26 月下燕]
[04/13 秋月あまね]

ブログ内検索

P R

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- コトのはじっこ。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]