忍者ブログ

コトのはじっこ。

のんびり地味に、まったりと短歌を詠むブログ。

2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鑑賞なのですが、今のところ、私は最初の60首くらいから6首くらいを選んでいます。

しかし、投稿されている歌は200首を越える数。後から投稿された中にも、沢山の素敵な歌がある訳です。

しかし、仕事の遅いゆらですから、今から笑に戻って鑑賞していたら先には進めない。先にも素敵な歌は沢山ある訳です。

葛藤ですよ。
葛藤ですね。

考えました。
この頭で思いついた打開策は、

「最初の60首くらいには鑑賞文をつけて、その後に投稿された作品には鑑賞文無し」

「うおお愛を叫びたいぃ!」と暴れる心を宥めながら、よく考えれば「宝箱に入れる」のならば鑑賞文もいらない訳です。

投稿された早さで区別するものアレですが、作品のよさで区別するとか出来る訳がないのです。何故なら、宝箱に入れたい!と思った時点で、それらの作品は全て私の心にストライクだから。

もっといいアイディアをお持ちの方は、教えて下さい。「1行くらいのコメントつけたら?」というのは無理です。気づいたら10行になっているのが目に見えてます。

まだこれを実行すると決心した訳ではないので、実行するかは未定なのですが、今後鑑賞文無しの鑑賞が投稿されても、愛が劣っている訳では決してないです。とりあえず、今はそれだけ宣言しておきます。
30分後追記。

なんで自分が好きでやってることなのに「愛が劣っている訳では決してないです」とか言い出すんだろうと、今、自分で不思議に思いました。鑑賞は、別に誰かに頼まれた訳でもないのに。

考えてみると、自分が想像以上に「皆から愛されたい。嫌われたくない」と考えていることに気づきました。

自分はその作品を愛している。その愛で作者を不快にさせたくない。自分はその作品を愛している。だから、作者に嫌われたくない。

この「だから、作者に嫌われたくない」が必要以上に強い。
愛は盲目と言うけれど、嫌われたくないあまり自ら盲目になってしまいそうで恐い。鑑賞はお世辞で言っているのではない。でも、愛を叫んだつもりなのに、無意識にお世辞を混ぜていたらどうしよう。そう思うと物凄く恐いです。今までお世話になった歌人の皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

愛の無い鑑賞はしない。批判の無い愛はダメ。
今日気づいたから今日から頑張る。
こんなこと書いたから沢山の人から嫌われてしまったかもしれないけれど、この記事を禊にしたいと思います。

拍手

PR

おはようございます

おはようございます。追記の中に答えが出てますけど、好きなときに、好きなだけ、好きなように書けばいいと思います。義務ではないのですから。
こうやって作者から返信があったりすると鑑賞文などなかなか書きにくいものがあるのもわかりますが。。。
「この本面白いから読んでみて」と人に勧めるとき「どこが面白いのか具体的に言ってよ。その上で読むか決めるから」と言う人はあまりいませんよね。「そっか、あんたが言うなら読んでみるか」と言うのが普通です。だから鑑賞文なして歌を並べることにまったく意味がないとは思いません。
by 秋月あまね 2009/04/13(Mon)08:21:34 編集

コメントありがとうございます。

おはようございます。
コメントのお返事が遅れて申し訳ございません。

本の例え、目から鱗です。
今まで力みすぎてましたね。
歌の作者さんを重視しすぎて、このblogの読者さんを置いてけぼりにしてしまっていたようです。読者さんは読者さんの感性で歌を読むのだから、私の感想はそれ程重要じゃないんですよね。私が「とっても素敵!」って思った歌を、読者さんも「いいね」って思ってくれたらすごく嬉しいです。それでいいんですよね。

詠み手の方に、好きに書けばいいと言われて、なんだか安心しました。
作者さんからのコメントは、こういう不安を超越するくらい嬉しいものですから、ご心配にはおよびません。秋月さんからのコメントももちろん、私をとっても幸せにして下さいました。

こんな弱音にコメントありがとうございます。救われました。
これからも、自分なりに頑張りますので、見守ってやって下さい。
2009/04/19 18:03
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

プロフィール

HN:
ゆら
性別:
女性
職業:
大学生(のつもり)
自己紹介:
のんびりしたり、昼寝したり、紅茶とか珈琲飲んだり、犬、猫、本が好きです。

最近短歌から離れていたので、感覚を取り戻すべく足掻いてます。

本家はin vitroです。twitterは@tatutahimeが憂鬱日常、@TANKAmoreで年に数回イベントやってます。

アバウト

誤字脱字他の、ご指摘について。
ご指摘大歓迎です。誤字・脱字・誤変換・リンク切れ・言葉の誤用、その他色々お気軽にご指摘下さい。とても助かります。

転載について。
「この部分はゆらが書いたよ」って皆が分かるようにして下さるならご自由に。ただし、良識の範囲内で。ここにリンクして下さると嬉しいです。事後報告があるともっと幸せ。

リンクについて。
リンクフリーです(ただし、何か恐いサイトは除きます)。貼るも剥がすもご自由に。報告があると嬉しいです。どのページにリンクしてもok。やりやすいようにして下さい。バナーは無いです。

ほん。

最新コメント

[05/30 月下燕]
[04/30 ぴりか]
[04/29 梅田啓子]
[04/26 月下燕]
[04/13 秋月あまね]

ブログ内検索

P R

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- コトのはじっこ。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]